ずっと考えてきたこの二つの連携についてほぼ指針が決まり、完成を目指す。データの2重化は嫌なので、App Groupという仕組みを使いそこにShotsDataのデータを移動させて台本ビューアからアクセスするという方針でいたが、、、

App Groupのファイル共有領域は、多分バックアップされるがiTunesファイル共有や、ファイルアプリでアクセスできないと思われる。少なくとも試した感じでは出てこない。

これは非常に重要なデータを格納するには不安だ。ユーザー側が自由にバックアップできる環境が欲しい。どうするか?

最終的に出た結論。

iPhoneではアプリの相互移動をできるだけ簡単にする。iPadでは(まだ技術的に可能かわからないが)マルチタスクでSplit Viewで実現できたらと考えている。

この方針変更は、もともとの理想の形とは違うが、シームレスにアプリの移動ができれば使いやすくできそうだ。なんといってもデータに関しては現状維持で安心だ。アプリ上の変更点も少なくてすむから、開発にさほど時間がかからないと甘い予想をしつつ。。。

台本ビューアが右から左への時間の流れだから、ShotsDataも台本ビューアと連携してる時は、右から左の流れにする必要はあるだろう。シーンナンバーを共有して相互に同じシーン間で移動できればいい。

とりあえずShotsData側は暫定のボタンの位置だができたので、台本ビューア側にとりかかる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です