iPhone、iPadのメモリーとAR Finder

AR Finderを作るにあたって、一番気にしているのがメモリー。

とにかくARKit、SceneKitはメモリーを食う。今まで作ってきたアプリの中でもダントツ、桁違いにメモリーを消費する。iOSデバイスのメモリーはどれくらいかというと、下記リンク参照。

https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_iOS_devices

自分で常にテストしているのはiPhone 8 Plus。これは3GBのRAMがあるようで、3GBあればそれなりに動く。usdzの限界10万ポリゴン近いオブジェクトだと1体なんとか表示できるか?という感じではある。

いくつかデモ映像でも撮ってみたが、3体、4体出すことができるといえばできる。これは1万、2万ポリゴンくらいのオブジェクトと数百くらいのポリゴンのオブジェクトとの組み合わせだから出せるのであって、1体が7、8万ポリゴンとかだと1体で限界だろう。

iPhone 8 PlusのRAMが3GBあるといっても、システム関連で1GB以上使ってるのかわからないが、Xcode上で1.5GBくらいに使用メモリが到達すると落ちる。もう少し厳密に調べてみる必要性は感じているが、現状言えることは

  • ARを使うには3GB以上推奨。できれば4GBのRAMは欲しい
  • iPad Proの1TB SSDバージョンだけ6GBのRAMがある
  • iPhone XS、XS Maxは4GB。XRは3GB。
  • RAMが2GBだと、他のアプリを閉じてなるべくRAMを確保してみて欲しいが、やはり辛そう。

こんな感じで、AR Finderを使うには、iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、そしてiPhone X以降を推奨。2GB機種では相当きついと思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です