ver 3.4 があっという間にリリースされて説明が追いついてないですが、「ベースショット」という考え方を導入しました。

プロジェクト内にショットが1つの時は自動で設定されます。

複数画像インポート時に、ベースショットの項目がコピーされますがコピーされる項目は以下の通りです。データが無いものは無いままになります。

  • シーン名(コンテカッターで出力したものはそちらが優先)
  • fps
  • 撮影サイズ
  • カメラ
  • カメラID(Aなど)
  • ロールナンバー
  • フィルムタイプ
  • 現像
  • シャッタースピード
  • シャッター開角度
  • ISO
  • ホワイトバランス
  • ティント
  • フィルター
  • コーデック
  • LUT
  • カラースペース
  • ガンマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です