NEXT

ShotsData ver1.8がリリースされた。

一つのショットデータで複数の画像表示ができるようになった事で、コマーシャルなどコンテがある仕事では、

○コンテを取り込んでおく

○撮影したショットを2枚目に取り込む(現場ではモニターをカメラで撮る)

という使い方で、コンテと撮影した映像の画像、両方見るという使い方もあるかもしれない。

さて、それは置いておいて現在開発中のMac版では

PDFとして書き出す

という事もできるようになってきている。

これがなぜか、一度目はできるが二回目はできないという謎があり、かなりギブアップ状態なので誰か詳しい人に教えて欲しい、、、

それでもできないよりはかなり有効なんだけど。。。

そしてやっと撮済みデータとの連携という新しいフェーズに突入。

とりあえずVaricam LTから始めているが

撮済みのXMLから

感度、シャッタースピード、ホワイトバランスなどの情報を取り込む。

iPhoneでは撮済みと直接接続できないがMacならできる。

撮影日や時刻、コーデックなどは撮済みから得るのがてっとり早い。

次の現場では、制作部が興味もってくれているので、OK、Keepも入力できたらやってみたい。

またMac版は現場の通信のベースとしても有効なので、現場でMac版をずっと立ち上げておくという事もやってみよう。

撮影した映像を整理し把握して、現場で次のショットの撮影に役立てる

思いの外、この面で有効かもしれない。

撮影期間が長ければ長いほど重宝するだろう。

400ショットくらいまでは、今の所、特に問題なく動いている。

このアプリが必要な人はごく少数だし、実際に使っている人もごくごくわずかだけど、自分が必要な機能を開発していく事、本当にそれしかない。

やっと「使える」アプリになってきた。

FeelShotも含めて、価値に共感してくれる人に使って欲しいだけで、誰にでも使える物を作っているわけではないから、ビジネス的な意味では両方とも大赤字だけど、、、

今年は撮影の仕事が忙しいので、よりアプリ作りもスピードアップしていきたい。

NEXT