撮済フォルダ

撮済フォルダは、いわゆるアプリのドキュメントフォルダの事です。

FeelShot Proでは撮済フォルダと呼びます。他のカメラアプリではライトボックスと呼ばれていたりします。

FeelShot Proでは、常に撮済フォルダに記録します。

一番注意しなくてはいけない点は

○アプリを消すと撮済フォルダの中身も一緒に消えてしまう

という事です。

重要な写真や映像は、必ずバックアップ、コピーして下さい。

またiTunesを使って、iPhoneのバックアップをする時に撮済フォルダも一緒にバックアップされます。データ量が多いとバックアップも時間がかかり、ファイルも大きくなります。

定期的にコピーして、空にするようにした方がいいでしょう。

バージョンアップの際には、撮済フォルダの中身はキープされます。

※テストフライト時には、新しいバージョンが出ると古いバージョンは使えなくなります。この時撮済フォルダがキープされるか、まだ検証出来ていません。事前に告知しますのでバックアップもしくはコピーをして下さい。

○撮済フォルダのコピー

iTunesを使います。

FeelShotProFile

1.  iPhoneやiPadを選びます。

2.  Appを選択

3.  FeelShot Proを選択

FeelShotProFile2

4.  「FeelShot Proの書類」の中から保存するファイルを選択

できれば全選択して全てコピーすると楽です。

5.  保存先をクリック

新しいウィンドウが出て、保存先を決めます。

FeelShotProFile3

6.  保存先を決めます。

ピクチャや新規フォルダなど。

FeelShot Proではファイル名は被らないようになっています。

撮影日_時分秒_ミリ秒_カメラID_etc

同じファイル名で上書き保存して、前のファイルを消してしまうという事は無いように考えて作っています。カメラIDを変えておけば、複数のiPhoneで撮影して1ヶ所に保存しても大丈夫です。その場合、必ずカメラIDは違うものにして下さい。(A~Z)

また1ヶ所に複数の撮済をまとめると、カメラごとに分けるのに苦労するかもしれません。カメラIDがファイル名の先頭に無いためです。

ワークフローに応じて、カメラごとのフォルダを作るなど対処して下さい。

7.  保存先をクリック。これでコピーが始まります。

FeelShotProFile4

8.  先ほど選択した青い部分が、普通に戻ったらコピー終了です。

ここで選択が外れてしまうので、削除するのにもう一度選択しなくてはなりません。

9.  先ほど選択したファイルをもう一度選択して、「delete」キーを押します。

FeelShotProFile5

ウィンドウが出るので、削除をクリック。これでiPhoneからファイルが削除されます。

以上で、撮済フォルダからコピーして削除の流れは終了です。

削除する時に、もう一度選択する必要性があることからここでなんらかの間違いが発生する可能性があります。

全選択、全コピー、全削除という流れが一番シンプルでミスも起きないでしょう。

 

もう一つ、シンプルな方法があります。

いつも同じフォルダにコピーするなら、全選択して全コピーします。

FeelShotProFile6

10.  「すべてに適用」をチェック

11.  「置き換えない」をクリック

これで新しいファイルだけコピーされます。この方法なら、iPhoneに撮済を残しておいても混乱することなく、バックアップできます。

iPhoneに撮済を残しておく場合、容量に注意するのと、iPhoneのバックアップ時にもコピーされるためバックアップが肥大化していきますのでご注意下さい。

最後に、FeelShot Proを使用していてなんらかの原因で大事な撮済の写真や映像が消えてしまっても、責任が取れません。そういう事故が起こらないよう最大限配慮していますが、最終的には使用している人の安全対策によります。撮済の取り扱い、バックアップには十分ご注意下さい。

FeelShot Pro Webマニュアルに戻る